金欠で遊びを断ることに罪悪感を感じてしまう時の対処法!

貧乏
生き方を変えたい人へ送る!
 

遊びに誘われたのに金欠を理由に断ってしまった…。

誰にでも当てはまる体験だと思います。

金欠を理由に遊びを断ると様々なマイナス感情を感じるものです。

「友達がせっかく誘ってくれたのに断ってしまった…罪悪感を感じる」

「金欠になってしまう自分のだらしなさが許せない」

そういう気持ちになったとしても、いつまでも引きずりたくは無いでしょう。

どう心を処理すればいいのかについて、書いていきたいと思います。

スポンサード リンク


お金がないことを理由に誘いを断ったことに罪悪感を感じるあなたは優しい人だ

金欠を理由に遊びを断ってしまって、「悪いなあ」とか「ごめんなさい」と友達に感じているあなたは心優しいひとです。

罪悪感を感じている自分を許してあげましょう。

罪悪感は自然とわきでる感情です。

けっして罪悪感を感じてはいけないとは思わないでください。

罪悪感を感じるあなたは、友人を大切にしている人です。

大切にしているからこそ、金欠を理由に遊びを断ってしまったことに対して、罪悪感を感じています。

ということは友達を大切に思っている限り、罪悪感というのは今後もわきでてきます。

自然と湧き上がっているものを、感じないようにしようとしていると疲れてきます。

湧き水のように溢れ出るようになっているのです。

溢れ出てくるものを止めるにはフタをしなければなりませんが、フタをするとやがて溜まっていきます。

溜まる、つまり抑圧されるようになるのですが、抑圧された感情はやがてストレスとなり、自分自身を苦しめます。

抽象的な話をしてしまいまたが、ようするに罪悪感は感じても良いのです。

なぜなら、友達を大切にしているからこそ感じている感情だからです。

罪悪感を感じたら「それだけ自分は友達を大切にしているんだなあ」と、自分の気持に気づき認めてあげてください。

認めるとそれまで感じていたモヤモヤが晴れます。

ぜひ試してみてください。

金欠で遊べないことに怒りを感じている場合

「金欠を理由に遊びを断った自分が許せない!金欠なんてだらしない!」

そうやって自分に怒りを感じる人もいるでしょう。

その怒りも罪悪感といっしょで友達を大切にしているからこそ湧き上がってくる感情です。

友達を大切にしているかぎり、自分に対する怒りを感じることは今後もあるでしょう。

怒りを感じないようにすることは無理なのです。

友達を大切にしないのであれば、怒りも感じなくなるでしょうね。

だから怒りを感じてはいけないと思わないでください。

怒りを否定するよりも、友達をそれだけ大切にしているんだなあということに気づいて、その気持を大切にしてください。

スポンサード リンク


金欠でも友人を失うわけではない

「金欠を理由に遊びを断ってしまったら、友人との絆が消えてしまうかもしれない」

そのような恐れを感じている人もいるでしょう。

その気持よくわかりますよ。

しかし、金欠を理由に遊びを断っても友達との絆は消えません。

断ったからってLINEやケータイの電話番号はなくなりませんよね。

今後お金ができたら遊ぶことだってできますよね。

そういった機会は、今後いくらだってあるはず。

断ったことで絆はなくなりません。

もし断ったことで相手が友達としての関係をやめると言いだしたら、残念ながらその人は友達とはいえないでしょう。

相手のことをさっしてあげて、無理に要求しない。

もし相手がなにかに困っているのであれば助けてあげる。

これが友達です。

遊びを断ったぐらいで「もうお前とは友達じゃない」というような人は、今でなくともいずれ離れていきます。

もっと自分のことを察してくれる人と友達になったほうがいいですね。

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




貧乏
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました