バンドマンは彼女ができやすいドラマーに直撃インタビュー!

出会い体験談
生き方を変えたい人へ送る!
 

こんにちわ!当サイト(オトコノワーク)管理人のダンです。

バンドマンには「モテる」「かっこいい」というイメージがついて回ってくると思います。

音楽をはじめた理由に「モテたいから」を挙げるバンドマンがいるくらいですからね。

しかし本当にバンドマンってモテるんでしょうか?

有名な歌手のラジオで「バンドマンなんてモテない」という言葉を聴いたことがあります。

実際のところバンドマンってモテるのか?

すでに結婚をしているドラマーに、バンドマンの恋愛面について質問をしてきました。

スポンサード リンク


バンドマンの恋愛事情について直撃インタビュー!

ダン(僕)

当ブログの管理人。楽器はいっさいできない。絵は得意(当ブログのアイコンなどはぜんぶ自分で描いてる)

メガンテ

ドラマー。メガネとヒゲがトレードマーク。何回か彼女と別れてはいるが、居ない期間はほぼ無い。

バンドマンはなぜモテない?

※太文字で書かれているのは僕の文章です。

「バンドマンがなんでモテないかっていうと、やっぱりお金だろうね」

――バンドマンは金無いって言うものね。けどなんでお金が無いの。

「機材費や活動にけっこうお金かかるからね。ライブハウスで音楽をやるにもさ、出演料として数万円とられるわけ」

「人数で割っても1人あたり1万~2万はかかる。で、つきに何回かは

――昔は今に比べてバンドをめっちゃやってたじゃん。その時で月収いくらぐらいだったの?

「月に20万は届くか届かないかぐらいじゃないかな。当時はそこから家賃5万払って、ライブハウスに払って5万、ライブハウスに払う以外の活動費用もあったから本当カツカツだったね」

「バンドマンは確かに女の子からキャーキャー言われるかもしれないけど、実態を見て離れてしまうケースが多いんじゃないかなあ」

――カッコいいと思ってたのに、フタあけてみたら貧乏じゃねーか!みたいな?

「ライブハウスに立っている姿はカッコいいかもしれないけど、私生活はホント質素だからねw」

バンドマンがモテるには?

「バンドマンに限ったことではないけど、相手をモノ扱いしないってことが大事なんじゃないかなと思う」

――モノ扱いとは?

「んー、ようは相手の愚痴や文句を言わないってことかな。パートナーの愚痴や文句を言っている人を見ると『なら別れろよ』と思うんだよね」

「付き合いが長くなると、一緒に居るのが当たり前みたいになってくるから平気で言っちゃうんだろうけど、一緒に居てくれるのって当然では無いと思うんだよね」

「だから俺は一緒にいてくれてありがとうって、どれだけ長く一緒に居ても感謝してるし、文句は言わないようにしてるんだよね」

――なるほど!感謝したり敬うことが大事だということだね。

「そうだね。相手の文句を平然と言いすぎだと思うんだよ。男だけでなく女性にもいるけどさ。けどそれって(相手のことを)大事にしていないと思う」

「相手がその場に居る居ないに関わらず、本当に大切に思っているのであれば文句って言えないと思うんだよね」

――確かに。尊敬している人であれば、たとえ本人が居なくとも文句なんて言えないし言いたくない。それは尊敬や感謝の念があるからだもんね。

「それが恋人やパートナーになると途端に文句や愚痴を言っちゃう。そうならないように気をつけてるね」

「愚痴や文句ではなく、相手の株が上がるような発言をするよう心がけてる」

――それは本人もうれしいね!いや、モテる理由がわかるねw

「モテるってのはよく言われるんだけどさ、自覚は正直無いんだよね」

「自覚は無いんだけどさ…今までできた彼女のうち2人は告白してきたのは俺じゃなく相手からなんだよね」

――モテてるやんけ!女性から告白ってなかなか無いよ。

「いやいや、ありがたいことに俺は努力とかしてないのよ」

――かなりムカつく発言だよソレ(笑)

スポンサード リンク


ドラマーの彼がモテる理由

――男が告白する時ってシチュエーションを大事にしたりするじゃん。女性から告白する場合もそうなの?

「うーん、どうだろうね。気にするんじゃない」

――あなたの時はどうだったのよ。どういうところで告白を受けたのよ

「遊びに行ったときの帰り際に告白されたかな」

――それはやっぱり景色がキレイな場所とか、そういうシチュエーションなの?

「そうねぇ…彼女の尊厳もあるから、あえてぼかして言うけど告白してきそうな雰囲気はあったよ」

――おぉ…そんな尊厳だなんて言う人はじめて見たかもしれない。

「だってさ、真剣な想いで告白をしてきてるんだろうし、それを相手がいないからって軽々しく言うのってどうかって思うんだよね」

「相手からしたら笑い話みたくヒョイヒョイ言われるのイヤだろうし」

――そんなこと言う人初めて見た!今まで会ってきた男は、普通に告白のときの話とかしてたからなあ

「いやー、俺はけっこう珍しいタイプだと思うよ」

――女性は一緒にいて安心できるんだろうね。こりゃモテるわ。

「モテるって言っても自分が狙った相手からはことごとく振られるけどね。狙ってやってるわけじゃないんだよ」

――狙ってないっていうことは、誰に対してもそういう態度ってこと?

「そうだね。女性に対しての当然のマナーだと思ってやってる」

「告白してきた女の子も、俺が特に意識してない子からきたもんね」

――意識してなかったけど、告白を断る理由も無いから付き合ったって感じ?

「うん(笑)」

まとめ

いやあ、今回のインタビューは面白かった。

僕はかなり勉強になりましたからね。

彼のようにレディファーストを心がけながら彼女探しをしていきたいと思います。

オススメのマッチングアプリを紹介!

いまの若い人たちのほとんどが使っているマッチングアプリ。

飲み会の席で女の子にマッチングアプリを使っているかを聞くと、大抵は使っていると言います。

マッチングアプリを使って彼氏ができた!なんて当たり前に聞きます。

これは男にとってチャンスです!

女の子が出会いを求め、こぞってアプリを使っているのですから同じアプリを利用すれば出会いやすい!

出会いの数を増やせば、「彼女ができない」という悩みも解消されます。


https://pcmax.jp

「PCMAX」はマッチングサイトの老舗です。

最近のマッチングアプリは、フェイスブックで本人認証をしているものが数多くありますが、PCMAXはフェイスブック認証を必要としません。

友人にバレる可能性が無いということです。

実名制の高いフェイスブックを認証に利用することは、業者かどうかを特定するのに役立つので、利用者にとってもメリットがあります。

その反面、身バレする危険性もあるため避けてしまう人も数多くいるのも事実。

PCMAXは身バレする危険性が無く、かつサクラなどの業者もいません。

優しくキレイでカワイイ女の子を探してみましょう!

カワイイ彼女を作って明るい未来を!
生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




出会い体験談
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました