バイトの新人の女の子と恋愛したかった…

仕事での出会い
生き方を変えたい人へ送る!
 

この記事をかいている人:ケン(ブログ管理人)

30歳を過ぎても派遣社員で働き、借金も抱えるというどうしようも無い人生に絶望する。
しかし、最底辺の人生を送り続けることなど到底認めたくないため、何か手立てが無いかもがき続ける。
その結果、心理学と自己啓発を2年かけて学び絶望感から脱却し、幸せを感じながら生きている。学びにかけた費用は2年間で150万円を超える。

【詳しいプロフィールはこちら→】ブログ管理人の経歴

この記事を書いているのは2021年の冬。

人肌寂しくなる季節ですね。

この時期になると、数年前バイト先で出会っためちゃくちゃカワイイ女の子のことを思い出します。

苦い思い出なんですけどね。

その子のことをめっちゃ好きになった結果、バイト先で大失敗してしまったからです。

バイトの後輩を好きになった体験談

僕は数年前に蒲田のコールセンターで勤務していました。

そのコールセンターは男女比が2:8で女性の数が圧倒的に多かった。

年齢層は20代~50代までと幅広く、若くカワイイ女の子も何人かおり、僕は「ええ職場だ!」と思ってました(笑)

そんななかでも、飛び切りにカワイイ女の子がいました。

僕が入社して8ヶ月目くらいの時だったと思います。

身長は160cmくらいで、足も体も細くまさにモデル体型といった感じで、顔もカワイイ。

性格は天然っぽく話していると癒される(笑)

そのコールセンターはオペレーターが座る席が固定されておらず、空いている席に座るようになっていました。

つまり日によって隣になる人間が異なっていたのです。

僕が好きになっためちゃんこカワイイ女の子とたまたま隣同士になるときがありました。

前々から「ヤバイほどかわいいな」と思っていた僕は、その子の隣になれてテンションがあがっていました。

女の子のほうが後輩ということもあり、僕が仕事について教える場面が多々ありました。

カワイイと思う女の子に、先輩として振舞えるのはチャンス!

頼れる男になろうと、接していました。

一緒に駅まで帰ったこともあった。

僕は当時、アメブロをやっていて彼女もアメブロをやっているということで話が盛り上がった記憶がある。

この娘と付き合えたらええなぁ

好きという気持ちは日に日に大きくなっていくが、この気持ちがあるばかりに災難がおきる…。

ある日、女の子が電話をとっている最中に、すごく困ったことになったようで悩んでいました。

電話をかけてきたお客様が怒っており、どう対応すればいいのかわからなかったようです。

僕はいいとこ見せてやろう!みたいな気持ちになり、電話を代わってあげました。

そして、お客様の怒りを鎮めるために「弊社で対応しますね~」などと言いました。

お客様も納得し電話を切ってくれたし、女の子も感謝してくれて、僕はいい気分になりました。

 

しかし!

 

「弊社で対応しますね!」と言った後、上司に報告すべきところを僕はしていませんでした。

報告を忘れていたとかそういうことではなく、そもそも報告が必要なことであるという認識がありませんでした。

そのおかげで翌日には「なんで勝手に判断してんだ!」と上司から怒られました。

そして僕は、新人の横に座るなというお達しが出てしまいました。

いいとこ見せようとしたのが仇となり、恥ずかしい姿をさらけ出してしまったわけですね…。

女の子からは「私のせいですいみません」と言われてしまう始末。

いやいや、君が悪いわけではないし、そもそも謝らせてしまって申し訳ない…。

という気持ちになりました。

その女の子は、仕事に馴染むことができずに退職しました。

コールセンターって人が退職しやすいんですよねぇ…。

以上、僕の職場恋愛の思い出話でした!

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




仕事での出会い
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました