バイトをクビになって悲しくなっても希望を持とう!

アルバイト
生き方を変えたい人へ送る!
 

この記事をかいている人:ケン(ブログ管理人)

30歳を過ぎても派遣社員で働き、借金も抱えるというどうしようも無い人生に絶望する。
しかし、最底辺の人生を送り続けることなど到底認めたくないため、何か手立てが無いかもがき続ける。
その結果、心理学と自己啓発を2年かけて学び絶望感から脱却し、幸せを感じながら生きている。学びにかけた費用は2年間で150万円を超える。

【詳しいプロフィールはこちら→】ブログ管理人の経歴

僕は過去にバイトで悩んだり苦しんだ経験があり、同じように大変な思いをしている人に向け心が軽くなってほしいと思いブログを運営しています。

今回はクビについてです。

バイトをクビになるとイヤーな気持ちになりますよね。

かくいう僕もバイトをクビにされたことが何回かあります。

落ち込みます。ショックを受けます。バイトをするのが怖くなります。

しかし、大人たるもの働かなければ生活していくことはできません。

バイトをクビになってしまったら早急に立ち直りたいものですが、ではどのように対処していけばいいのか。

僕自身の経験談や考えを書いていきたいと思います

スポンサード リンク


バイトをクビになったエピソード

もうこれは10年位前の話です。

コミュニケーションに自信が無かった僕は、コミュニケーションスキルを上げたいと思って接客業のバイトを探しました。

当時、人と話すことに自信が無く、飲み会などでもダンマリしていたのですが、そういう自分が嫌いでした。

今思い起こせば話し方教室とか、そういうとこに行けばよかったと思いますが、当時の僕にはそのような選択肢は無かった。

接客業は毎日誰かと接するし、バイトをしていれば自然とコミュニケーション能力が向上するのではないかと考えました。(やめときゃいいのにね)

そして大型スーパーでのバイトを見つけ応募しました。

面接では意外とハキハキ喋れたように思います。

そのハキハキ喋れた事が好印象だったのか、面接を受けた数日後に採用の連絡がはいります。

よっしゃ!これでワイもコミュ障から脱出や!!

てな感じで意気揚々とバイト先に向かいました。

 

しかし!

厳しい現実が僕の前に立ちはだかりました。

コミュニケーション能力に自信が無く、それまで接客業をしたことが無い僕はバイト先で役に立てませんでした。

当時の僕は…

  • 仕事の説明を受けるもメモを取っていなかった。メモを取っていないことに注意を受ける
  • 案の定、教えてもらったことをほぼ覚えていないのでミスをする
  • バイト先を出た10分後にタイムカードを切るのを忘れていたため戻ってカードを切った(店長がいる目の前で。社会人としての常識がないと怒られる)
  • レジで袋詰をしていたら僕に対しクレームが起きクビにされる

今振り返るとどうしようもないやっちゃなーと思います。

クビにされたのは働き始めて一週間後の話。

タイムカードを切り忘れていたのであれば、一言店長に謝罪して切るべきところを何も言わずに切ろうとしましたからね。

コミュニケーション能力が無いばかりか、社会的な常識が欠けていたように思いますわ….。

バイトをクビになってショックだった…

クビになった直後はショックでしたねぇ。

あー自分はやっぱりコミュニケーションに障害がある社会不適合者なんだ…

自分をディスっていたことを思い出します。

 

他のバイトなんてまともにできないんじゃないか?とも思っていました。

トラウマとまではいきませんが、クビになったことは心理的にひびきましたね。

まあクビになってしまったのは、ミスの多さや接客の態度の悪さを考えれば当然なんですけどね。

そうそう、書いていて思い出しましたがそのスーパーは女性がたくさん働いていました。

女性にかなりの苦手意識を持っていた僕は、同僚の女の子にビビリながら働いていましたね。

この子、オレのことをキモイって思ってるんじゃないだろうか?

と、完全に被害妄想をいだきながら働いていました(笑)

こりゃクビになるわなー…

しかし今振り返ればあのクビがあったからこそ、現在があると思います。

今度はクビにならないようにしようと、社会常識やマナーを頑張って身に着けようと考えましたから。

スポンサード リンク


バイトを一週間でクビになった後は

クビになったとしても収入がゼロでは生活できませんね。

なので次のバイト先として近所のツタヤを選択。

しかしそのツタヤでも無能ぶりを発揮し、早々にクビにされます。

いやー二度連続のクビはひどいよね、我ながら。

ただ心理的ダメージは少なかったように思います。

あーこれはクビになるかもなー

って予想してましたから。

バイトをクビになっても落ち込む必要は無い

バイトをクビになってしまうのは、とても嫌な気持ちになります。

それは仕方のないことです。

しかし落ち込まないでください。

あなたはけっして社会的不適合者なワケではありませんから。

人は変わっていくことができます。

クビになってしまったのは仕方ありません。

しかしそれは過去の話。

それよりも未来に向けて考えましょう。

半年、1年後、5年後、あなたはどうなっていたいですか?

クビにされ続けていますか?

社会不適合者の烙印(らくいん)を押されていますか?

それともしっかりと働き周りから頼られている人間になっていますか?

自分がどういう未来に進みたいのか意識することで、人生は変わっていきます。

もし、明るい未来に突き進みたいのであれば、クビにならないよう改善していきましょう。

クビになったことを反省しましょう。

しかし後悔する必要はありません。

  • 自分の何がいけなかったのか?
  • 自分の何を改善すれば今後クビにならないのか?

スポンサード リンク


自分の行動から何かを学び取ろうとする人は成長できます。

学ぼうとする人ってなかなかいないので、反省し改善をしようとするだけで周りよりも差が出ます。

そうやって改善を試みることで、まわりから重宝されるような人間になっていきます。

このことは多くの著名人が言っています。

一万円札に刷られている福沢諭吉は「学びて富み、富て学ぶ」という言葉を残しています。

学ぶ人間は経済的にも人間的にも豊かになり、豊かになればなるほど更に学んでいくものだ、ということを言っています。

会社に頼るべきではなく個人が常に学び、経済的基盤をしっかり持とうと言われているこのご時世、自省するのは良いことだと思います。

まとめ

クビになったとしても人生そこで終わりではありません。

学べばいいのです。

学ぶ人間は重宝されます。

この記事がクビになってショックを受けている人にとって、何かの役に立てればいいなと思います。

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




アルバイト
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました