荷揚げバイトの初心者に向けて必要な道具を紹介!

日雇い派遣
生き方を変えたい人へ送る!
 

こんにちわ!

当ブログ(オトコノワーク)管理人のダンです。

本日は当記事をお読みいただきありがとうございます。

荷揚げに関する記事を、前回公開しました。

今回は荷揚げ初心者の人に向けて、必要な道具について解説をしていきたいと思います。

スポンサード リンク


荷揚げで必要な道具はワークマンで揃えよう!

荷揚げで必要な道具はワークマンで一通り揃えられます。

特に軍手は重宝しますね。

ただワークマンは郊外にあることが多いので、書いづらいのがデメリットです。

ワークマンのオンラインショップがあるので、そこで荷揚げに必要な道具をそろえましょう!

ワークマンのオンラインショップへ>>>嫌な職場を即日退職!

荷揚げでカッターは忘れるな!

木材は基本的にPバンで結ばれているので、そのPバンを切る際にカッターが必要となります。

カッターが無いと材木をバラせないので仕事になりません。

カッターはできれば大き目のカッターを持っていきましょう。

100円ショップなどで販売しているので、近所のキャンドゥやダイソーなどで探してみましょう。

荷揚げは軍手が必須!

荷揚げをする際は必ず必要です。

素手で木材など運ぼうものなら手が擦り傷だらけになるので群では必ず持参しましょう。

軍手といっても百円ショップなどで販売しているようなものではなく、ワークマンなどで売っている建築現場専用の軍手がオススメ!

99円と格安なので予備用にいくつか購入しておきましょう。

荷揚げで安全靴を履けばケガの心配はない!

安全靴も荷揚げ現場では必須ですね。

靴の先端に鉄板が入っている安全靴をはいておけば、足の上に重量物が落ちてきたとしてもケガをする可能性を低くすることができます。

安全靴はどこでも売っています。

ドン・キホーテであれば1000円~2000円程度で購入できます。

マジで普通のスニーカーで荷揚げバイトは行かないほうが良いっす!

荷揚げでヘルメットをつけないのは厳禁!

頭を防護するために必須。

会社によっては支給してくれます。

ワークマンやホームセンターなどで販売してますね。

ヘルメットなしで荷揚げ現場に来る人がいるようですが、仕事できないので忘れるのは厳禁です。

重量物を持ち上げたり、おろしたりすることが多い荷揚げ現場では、頭に落ちてくる可能性があります。

頭に重量物が落ちてきたら即死します!

ハンマー(玄翁)

材木を現場に入れる際に、足場がジャマになる場合があるため解体することがよくあります。

その時にハンマーが必要になります。

ハンマーが無ければ足場をはずしたり、元に戻すって事ができませんからね。

購入する場合は、やはりワークマンで探したほうがいいです。

ハンマーにも様々な種類があるのですが、荷揚げ現場でよく使用されるのは玄翁(げんのう)です。

荷揚げは水分補給必須!

どの季節、どういった天候であろうと水は持っていったほうがいいです。

僕は2リットル入るナルゲンボトルをいつも持参しています。

夏は水がないと本当にヤバイです。

ただでさえ暑いのに肉体労働によって水分が体から出て行きます。

熱中症にならないためにも、水は忘れないようにしましょう。※冬も水分補給は必要です!

【オススメ】祝い金がもらえる求人サイト!【最大3万円】

バイトを探すなら採用時にお祝い金がもらえる求人サイトのアルバイトEXがオススメです!



      • フリーペーパーなどには掲載されていない求人多数!
      • 日本全国の求人に対応!
      • 採用時にはお祝い金がもらえる!(時期によっては最大11万円!)

求人サイトはたくさんありあすが、採用時にお金がもらえるサイトは多くありません。

3万円もの金額がもらえるのはアルバイトEXだけ!

アルバイトEXを利用する⇒⇒⇒⇒

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




日雇い派遣
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました