佐川のバイトきつすぎ…地獄を見た体験談紹介!

アルバイト
生き方を変えたい人へ送る!
 

こんにちわ!ダンです。

今日はこのブログを読みにきていただきありがとうございます。

この前、午前中指定で佐川急便からの荷物を待っていたんですよ。

ピンポーンって鳴って出てみたら「すいません、まだ荷物を持っている配達員が来れないのでそれのご報告にきました」とか言われたんですよ。

指定時間に荷物が持ってこれないなんてことあるのか!と驚いたと同時に、佐川ってブラックなんだろうな~って思いました。

実は昔、単発バイトではありますが佐川の集配所で働いたことがあります。

そのバイトはまさに地獄!

今まできついバイトをたくさんしてはきましたが、佐川がダントツで大変でした。

【他のきつかったバイト】

 

その時のことを今回は書いていこうと思います。

スポンサード リンク


佐川の仕事がきついと感じたリアルな体験談

佐川の集配所は本当にやばいです。

僕は単発ではありますが4回程度行ったことがあります。

そのうち3回はそれほど大変ではありませんでしたが、4回目に行った佐川の集配所がマジで地獄でした。

最初の地獄はトラックから荷物をベルトコンベアに流す作業。

「ちんたらやってるんじゃねーぞオラァァァァァァッッッッッッッッッッ!!!!!」

集配所のリーダーらしき男性から怒号が飛ぶ。

ヤクザかよ。

自分のペースで荷物を流していると怒鳴られるため、それはもう超高速でベルトコンベアに流していました。

12月も終わろうとしていた時期だったのに、かなり汗だくになっていました。

地獄のベルトコンベア流しが終わり少し休んでいると、金髪の20代前半ぐらいのお兄さんが近寄ってきました。

「どうした日雇い?疲れたか?」

名前ではなく「日雇い」と呼んできました。

マジでチンピラしかいねーし。

ベルトコンベアの時に怒号を飛ばしていた人物から「おまえらこっち来い」と呼ばれてついていきました。

すると「なに歩いてんだ!!!!走って来い!!!!!!!」とまたもや怒号が飛ぶ。

現代の蟹工船がここにあったよ。

佐川急便の集配所は陸の蟹工船と言っていいほど、相当しんどい場所でしたね。

4回中3回はわりかしまともでした

さて、佐川の集配所がどれだけ大変でどれだけの地獄かを書きましたが、わりとまともば集配所もあります。

夜勤の単発で行った集配所はかなりゆるかったです。

荷物がベルトコンベアに流れている最中にひっかかってしまわないよう見張る仕事をしたのですが、ホント楽でした。

まずひっかかるような荷物ってほぼほぼ無いし、もし流れている最中に荷物が動かなくなったらそれを手でまた流れるようにするだけ。

かなりカンタンな作業です。

集配所の方も優しく接してくれました。

ヤンキーのたまり場もあれば、優しい人もいるのが佐川の集配所です。

まとめ

佐川の集配所でバイトをしようと考えているのであれば、かなりの地獄であることを覚悟の上いくことをオススメします。

まあ地獄なわけだから、本当はいかないほうがいいんだけどね。

【オススメ】祝い金がもらえる求人サイト!【最大3万円】

バイトを探すなら採用時にお祝い金がもらえる求人サイトのアルバイトEXがオススメです!



      • フリーペーパーなどには掲載されていない求人多数!
      • 日本全国の求人に対応!
      • 採用時にはお祝い金がもらえる!(時期によっては最大11万円!)

求人サイトはたくさんありあすが、採用時にお金がもらえるサイトは多くありません。

3万円もの金額がもらえるのはアルバイトEXだけ!

アルバイトEXを利用する⇒⇒⇒⇒

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




アルバイト
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました