派遣社員と正社員との責任の違いは何故あるのか

長期派遣
生き方を変えたい人へ送る!
 

こんにちわ!当ブログ(オトコノワーク)管理人のダンです。

派遣と正社員とでは責任範囲が違います。基本的には正社員の方が責任が重くなっています。

「正社員ってめんどそうだよなあ」

そう思う人も多いんじゃないんでしょうか。

雇用形態により、担うべき責任範囲は違うわけですが、では派遣社員と正社員、責任範囲にどのような違いがあるのでしょうか。

スポンサード リンク


会社にとって正社員は資産だ

まず会社にとって正社員はただの働き手ではなく、資産であるといえます。

なぜなら会社は正社員に、業務の効率化をおこない会社の利益を最大化してほしいと思っているからです。

いわば管理職的な立ち回りをしてほしいと、会社側は正社員に対して思っているわけです。

実際、多くの会社では正社員が管理職的な立ち回りを担っています。

・業務の効率化
・バイトや派遣などが起こした問題やクレームの解決
・売り上げ・収益の向上

臨機応変かつ積極的に、どうしたら会社の売り上げは上がるのか?ということを考え行動に移していくことが求められます。

この責任範囲は役職が上がれば当然重たくなって行きます。

係長と専務では、責任の重さは当然違ってきますよね。

そして責任が重たくなれば重たくなるほど、こなす業務は大変になってきますが、給料も当然上がります。

派遣は与えられた業務をこなすのが役割

一方で派遣社員は、与えられた業務をこなすことが仕事となります。

アパレルの派遣であれば、店の表にでて接客をするとか、倉庫の派遣であれば荷物を持ってくるなど管理職的な仕事をしないことがほとんどです。

派遣社員は派遣先に雇用されているのではなく、あくまで登録した派遣元から派遣された社員という扱いです。

雇用契約も個人と派遣先が取り交わしているのではなく、派遣元と派遣先の企業間で取り交わしています。

なので派遣社員は契約範囲内のことしかできず、派遣先は契約範囲外の業務を派遣社員にやってもらうことはできません。

正社員は管理職的な仕事以外にも、派遣社員と同じような現場での仕事もこなします。

また転勤や部署移動などもあります。

正社員と派遣社員とでは責任範囲が異なるため、任される仕事も違ってくるのです。

役職がどんどん上がり、責任が重たくなる、なんてことはありませんから給料が上がっていくということはありません。

給料を上げたいのであれば、自分から時給交渉をするしかありません。

その時給交渉も最大100円までしか上がりませんけどね。

企業にとって派遣社員は人件費のコスト削減のために働いてもらっています。

正社員でなくともできる作業を、派遣社員の人にはやってもらうために受け入れているのです。

派遣社員が作業をおこなっている間に、正社員には現場がもっと効率よく動くように考えてもらう、そういう図式になっているのです。

まとめると以下のようになりますね。


  • 正社員・・・・会社の売り上げが向上するよう積極的に業務を管理し、効率化をはかる。
  • 派遣社員・・・契約範囲内で与えられた業務をこなす

2018年現在、派遣社員は『労働者派遣法』により同一の派遣先に三年間しか働けないという決まりがあります。

遣社員みずからが退職する可能性もあるし、クビも切りやすいので、管理職的な役割はつけたがらない。

これが普通です。

会社にとって、現場を管理し売り上げを向上させてくれる正社員はまさに資産です。

売り上げを向上してくれる人がいなくなれば、会社の経営は当然危うくなりますからね。

スポンサード リンク


実際問題責任範囲を超えた業務をおこなうこともある

さて、ここまで一般的に言われている派遣社員と正社員との責任の違いについて情報をまとめてみたのですが、実際問題責任範囲を超えた業務を派遣社員に任せている会社はけっこうあります。

過去に私が働いていた派遣先でも正社員の数が少なくて、本来は正社員がしなければいけない業務を派遣社員がするということがありました。

私もパートのおばちゃんに仕事のやり方を教えてましたね。

ちょっとならいいですが「え、そんなことも派遣社員の私が教えなきゃならんの!?」と思うことも多々ありました。

会社はコスト削減をしようと正社員にあれもこれもと仕事を任せ、結果的に正社員は激務に追われてましたねぇ。

「忙しすぎるから頼むよ」と言われて、私が教育係りをすることに。

ほかの派遣社員でも教育係をしている人はいました。

まあ、私は自分のスキルアップにつながるなと思っていたため嫌ではありませんでした。

しかし、中には責任が重たくなる業務をするのを嫌がったり、与えられた契約範囲の業務では無いという理由でやりたがらない派遣さんもいましたよ。

責任範囲外の仕事も任される、という問題は日本のいたるところで起きています。

景気は回復されているとは言われていますが、現代の企業は90年代初頭のバブル崩壊と、2008年に起きたリーマンショックで正社員雇用に対して慎重になりました。

もしまた金融危機が起きたらまずい、ということで、企業は積極的な正社員の雇用をしなくなりました。

人手不足だと言われていて、働いている人の数が少ないはずなのに給料は一向に上がらないことから分かるように、会社はお金をかけたがらないのです。

正社員の数を少なくしようとする会社がある中、正社員をどんどん入れようという会社も存在します。

積極的な採用をしているのは、なにも大手企業だけでなく、中小企業だってしています。

スポンサード リンク


正社員不足はチャンスである

正社員の数が少ないので、派遣社員に本来正社員がやるべき業務が回っていることは問題でもあり、チャンスでもあります。

正社員が少ないのだから、派遣社員から正社員になれる可能性があるということです。

正社員になるのは、いま働いている派遣先でなくて大丈夫です。

日本は現在、正社員不足にあえいでいる企業が多く、そして正社員になりたいと思っている人が欲しいと思っています。

年齢は20代、ギリギリ30代の人というように年齢的な制限はありますが、若ければ若いほど正社員になれるチャンスが実はあるのです。

「派遣社員になるのは難しいのか?」という記事でも書きましたが、私の友人知人には派遣社員の人が多かったのですが、今では正社員になっている人が割と多くいます。

現時点で派遣社員なのに、正社員がするべき仕事をしている人はそれを武器にすることだってできます。

基本的に中途採用は即戦力を求められますからね。

正社員がおこなう仕事をやっていました、というのは評価に値します。

正社員の仕事をおこなっておらず、派遣社員としての仕事しかしていない人でも、正社員になれる可能性は十分あります。

そういった人でも可能性はあるわけですから、正社員の業務をおこなっていた派遣社員はめちゃくちゃ大きな可能性を秘めているのです。

チャンスなんて思えるかよ。正社員並みの仕事をやらされて……ストレスたまりまくりだよ

そう感じられる派遣社員の方もいるでしょう。

そういう方には、私が敬愛する松岡修造の言葉を送ります。

自分に頑張れって言える奴は強いよ!!
自分にガッツポーズが作れる奴はどんな時も乗り切れるぜ!!!
俺は言うよ!! 頑張れ!!!!

松岡修造

頑張っているあなたは美しいです。

頑張っている自分自身を褒め称えてあげましょう!

JAIC(ジェイック)

フリーター就職・既卒就職なら【JAIC】

東京や仙台、福岡といった地域でサービスを展開している転職エージェントです。

フリーターからの正社員への転職支援をおこなっていますが、男性は営業職、女性は事務職しか紹介されません。

営業職以外を希望する人にはあまり利用価値はなさそうですが、とりあえず登録してみるのもアリなんじゃないかと思います。

JAICでは求人を紹介する前に営業職で働けるようになるための研修をおこなうのですが、その研修で営業職への認識が変わった人もいるようです。

自分の新たな可能性を見つけられるかもしれません。

公式サイトはこちらからどうぞ→20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援ならジェイック。

IT系の職業に進みたい方必見!

現在の日本で急速に発展を遂げているIT業界。

ブロックチェーン技術や5G、AIなどがこれからどんどん発展していくと見込まれており給料も高いです。

良い給料を得たいと考えているならばIT系の分野に進むのも良いでしょう。

さて、そんなIT業界に就職したいのであればIT系の転職エージェントに登録することをおすすめします。

ワークポートはIT専門の転職エージェントです。



WEBデザイナーやシステムエンジニア、プログラマーなどの仕事を紹介しています。

今後の人生をよい方向にすすめていきたいのであれば、ぜひ登録してみてください。

ワークポート公式サイトへ>>>

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




長期派遣
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました