節約はつらいし楽しくない…それでも上手くこなす方法とは

お金の悩み
生き方を変えたい人へ送る!
 

僕はダブルワークをいくつもこなしてきましたか、できるだけ働く必要が無いように節約にもつとめてきました。

ダブルワークをするのは手元にお金が残らないから。

節約につとめ手元に残るお金が多くなればダブルワークをする必要など出てきません。

ダブルワークをしなくなればプライベートの時間が増えます。

しかし節約につとめているので遊びなどができず、満足な日々を過ごせないことが多々あります。

スポンサード リンク


なぜ節約を楽しいと思えないのか

節約=わびしい、貧しいというイメージを持つ人は多いかもしれません。

このイメージがあるがゆえに節約していると楽しくないと感じてしまうのかもしれません。

実際、僕は節約を以前まで楽しめませんでした。

節約をするということはお金が足りないからであり、自由に使えないということ。

やりたいことも我慢している自分が可哀そうで可哀そうでむなしい気持ちになっていました。

世間と自分とを比較すると「なんて自分は貧乏なんだ…」などと思ってましたね。

うーん、いま振り返るとかなり自分をディスってるな。

僕は今も積極的に節約をしていますが「お金を大切にしようとしているなんて自分は偉いな~」と自分で自分をほめるようにしています。

節約の辛さの正体は、実は自分で自分を蔑んでしまう気持ちにあります。

自分で自分を蔑んでしまうと、どんな行動をしていても楽しめません。

「自分はアホだ」

「自分は不幸な存在だ」

一方で節約を楽しんでいる人もいます。

節約が楽しくないと感じている人と、節約が楽しいと感じている人は、している節約のテクニックやノウハウがなにか違うわけではありません。

両者の違いは自分をほめているのかどうか、という点です。

だから僕は自分自身をほめるようになりました。

節約は目標が大事

褒められるようになったのは、「なぜ節約するのか?節約した結果どうしたいのか?」という理由や目標を決めたから。

僕の場合は実家への仕送りが必要だったのと、将来のために貯蓄したかったから。

この2つの目標を達成するために節約をすることにしました。

目標が決まり実際に節約をしていると「ちゃんと目標に向けて行動できている自分は素晴らしいな~」と褒められるようになりました。

節約って、やろうと思ってもできない人はできません。

できない人がいる中、しっかりと節約できている自分のことを褒めていましたね。

ただ節約をしてお金を貯めるだけでは、節約が長続きしません。

目標が不明確だと、「なんでこんなことしているんだ?」と思ってしまい無意味に感じてしまうからです。

節約にはマイナスのイメージもあればプラスのイメージもあります。

【マイナスイメージ】

  • お金が使えなくなる
  • 我慢しなければならない
  • お金の管理が面倒だ

目標も無く節約をしているとこうしたマイナスイメージに振り回される。

無意味に感じてしまうのはマイナスイメージに目を向けてしまうため。

しかし目標を定めれば、たとえ漠然とした不安にとらわれても「自分は目標に向かって進んでいるんだ」というプラスのイメージに目を向けることができます。

節約をした結果ある程度の余裕が出てきたら、その余裕のある金額で自分が欲しいもの、好きなものにお金を使うのもイイかもしれません。

重要節約は目標を定めることでプラスのイメージを持てる

スポンサード リンク


年収が高くても節約ができなくて破綻する人たち

年収が上がらなくてもお金が増える生き方」という書籍の中で年収700万円でも節約できずに破綻してしまう人がいると記述されています。

サラリーマンの平均年収は約400万と言われています。

平均年収より高い年収なのにも関わらず、破綻してしまう。

破綻してしまうのはお金を消費してしまうことが原因であると書かれています。

お金がたくさんあれば、幸せに暮らせるワケではないんですよね。

お金がたくさんあってもある分だけ使用してしまえば、結局は不幸になり将来に不安を覚えるわけです。

この本にはお金の不安に追われない人は節約をしっかりとしているから追われないのだと解説をしています。

節約といっても食費を切り詰めるような寂しい生活をさしているワケではなく、お金を考えながら計画的に使おうと説いています。

年収がどれだけ高くとも節約(=計画的なお金の使い方)ができないので破綻することを考えると、節約をすでにしている僕たちは決してつまらない人間ではないのです。

消費することが幸せとは限らない

お金って自由に使えるんであれば使いたいですよね。

食べたいものを食べるのにお金を使い、着たい服を着るためにお金を使う。

楽しそうなイメージが思い浮かびますよね。

そういったお金の使い方を「消費(あるいは浪費)」と呼びます。

お金を消費するのは楽しいことです。

しかし消費のようなお金の使い方は、未来にはなにも残しません。

過去の食事や遊びを振り返っても、いま現在なにかタメになっているようなものって残っていますか?

もちろん良い思い出になったものもあるでしょう。

しかし思い出にも残らないようなことだってあったんじゃないでしょうか。

思い出に残るようなものは数少ないでしょう。

思い出に残るようなお金の使い方は「投資」と呼びます。

消費をするより、投資になるようなお金の使い方が多ければ人生は充実します。

消費そのものが悪いと言っているわけではありません。

投資と消費のバランスが重要で、投資が7、消費が3程度の割合でお金を使うとちょうどいいです。

どういったものにお金を使えば投資になるのか、あるいは消費になるのかという線引きはなかなかに難しいです。

お金の勉強をするのには本を読むか、各地でおこなわれている勉強会(セミナー)に参加してみるといいでしょう。

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




お金の悩み
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました