新聞配達のバイトを辞めたいなら退職してしまおう!

アルバイト
生き方を変えたい人へ送る!
 

こんにちわ!当サイト(オトコノワーク)運営者のダンです。

僕は過去に新聞配達のバイトをしたことがあります。

新聞配達をしたことがある人はわかると思いますが、けっこうしんどいバイトです。

時給も安いですが、その割りに業務内容はしんどい。

しかもバイト中に得られるスキルなんて大したものではないので、転職に活かすことも難しい。

もし今あなたが新聞配達のバイトを辞めたいと感じているようであれば、さっさと辞めることをオススメします。

え、辞めたくても辞められない?

なるほど、では今回は新聞配達バイトを退職したことのある僕が、退職したときの体験談とともに、辞める方法を解説していきたいと思います。

スポンサード リンク


新聞配達の辞め方

新聞配達がキツイ!もうイヤだ!と思ったらさっさと辞めてしまいましょう。

「キツイけど辞められるかな」

「迷惑じゃないかな」

などと思っている場合は、決意がニブっているので思い直しましょう。

新聞配達に限らずバイトを辞める時って「本当にいいのかな?」と、迷いが生まれるものですが迷いがあるとズルズル引きずってしまいます。

バイトを辞めるにしても残り続けるにしても、どちらにもメリットとデメリットが存在するんですよ。

【辞めた場合のメリットとデメリット】

  • メリット:イヤな職場に行かなくて済む
  • デメリット:職歴に傷がつく場合がある

【辞めなかった場合のメリットとデメリット】

  • メリット:収入は安定する、職歴に傷はつかず社会的信用を得られる
  • デメリット:イヤな職場に行き続けることになる

どっちのメリットとデメリットを受け入れるのが正解なのか?

正解なんてありません。

今の自分がどちらのメリットとデメリットを得たいのか?自分はどうしたいのか?

それを考えた上で新聞配達を辞めるのか辞めないのかを決めましょう。

新聞配達を辞めさせてくれない場合の対処法

新聞配達店はどこも人手不足のようですね。

僕が働いていた新聞配達店も万年働き手が不足していましたよ。

だから僕が辞めるって言ったとき、なかなか認めてくれませんでしたね。

辞めさせてくれないどころか、人格否定までされました。

「ここが続かないようであれば、どのバイトをしても続かないよ」

「お前みたいなのが別のバイトに行っても通用しないだろうな」

まさにブラックバイトそのものですね!

今現在、僕と同じように辞めたくても辞めさせてくれなずに悩んでいる人はいるんじゃないんでしょうか。

まあ配達店の言い分もわからなくはないんですけどね。

配達員が辞められると配達する人間が少なくなってしまうワケですから。

とはいえ労働法上は、絶対に辞めることができないなんてことはありません。

販売店の都合によって辞められない。

その販売店の意向をあまりに汲み取りすぎると、雁字搦め(がんじがらめ)になってしまいます。

あなたの人生は販売店のためにあるのではありません。

仕事も大事ですがあなた自信の人生、あなたの意思はもっと大事です。

人生なんて大げさに聞こえるかもしれませんが、時間の大半を仕事についやすのですから、自分の時間や人生をもっと大事にしたほうがいいですよ。

どうしても辞めたい場合は自分の頑固たる「辞めたい」という意思を伝えたうえで、折り合いをつけていくしかありません。

スポンサード リンク


新聞配達を辞めた理由

僕が新聞配達を辞めた理由。

それは新聞配達はあまりにブラックだから!

もうこの理由しかありえません。

僕が働いていたのは神奈川県内にある読売新聞の配達店。

その配達店は環境が最悪でした。

  • 休日が一ヶ月に4日しかない(専業・バイト関係ない)
  • 有給という概念が無い
  • 男ばかりの環境で下品な会話が絶えない
  • 仕事を通じて得られるスキルはたいしたものではない

1つ1つ解説していきたいと思います。

休日が1ヶ月に4日しかない(専業・バイト関係ない)

1ヶ月たった4日しかないなんて、マジでありえないと思いませんか。

雨だろうがむっちゃ暑い夏の日に頑張って配達しているにも関わらず、4日ってなんやねんと。

僕が働いていた配達店はバイトや専業など関係なく4日しか休みが無かったです。

まあ日曜日と祝日は夕刊が無いので、休みといえば休みみたいなものでしたが…。

専業は配達がない分、拡張(営業)をしなければいけなかったので専業は大変そうだよなあと見てて思いましたね。

スポンサード リンク


有給という概念がない

有給というのは雇用形態に関係無く取れることをご存知でしょうか。

雇用形態により有給取得できる条件は異なりますが、条件をクリアしていれば誰でも取れるものです。

僕は新聞配達のバイトを退職した後に、コールセンターでバイトをしたのですが、そのコールセンターバイトでは有給が取得できました。

男ばかりの環境で下品な会話が絶えない

新聞屋で働く人のほとんどが男性で、中年以上の人間が多いです。

そこに女1人でもいれば、顔の良し悪しに関わらず人気者になります。

盛り上がる話題といえばパチンコ・野球・競馬などなど。

爽やかな話題なんてひとつもありません。

そんな環境ですから下品でゲスな話も出てきます。

「川崎のソー○は良かった」だの「あの○っぱぶは安いけどカワイイ娘が多かった」だの。

品性のかけらもない。

仕事を通じて得られるスキルはたいしたものではない

新聞配達は単純作業です。

新聞を自転車やバイクにつんで、決まったルートを回って契約している家に新聞を配っていく。

体力こそ必要ですが、比較的誰でもできるような仕事です。

こんな言い方もアレですが、若い世代の人間がわざわざ好き好んでやるような仕事ではありません。

現在はIT系の人材が不足しており、その業界で働く給料は上昇している傾向にあります。

どうせ働くなら発展性のある仕事をしたほうがイイじゃないですか。

新聞はネットニュースにユーザーを奪われ、年々縮小傾向にあります。

新聞業界全体が縮小傾向にあって、しかも新聞配達という仕事には発展性がない。

やるメリットがほぼ無いに等しい。

学生や定年退職をした人、主婦などがやる分にはいいかもしれませんが、それ以外の人種がやるべき仕事ではありませんね。

生き方を変えたいと感じている人へ…
父の定年退職、母が作った多額の借金で実家が大ピンチに…。
しかし自分自身にも50万近い借金があり、経済的にピンチの実家を助けられれず、自分はなんてだめな奴なんだと自分を責める…。
そんな辛い状況だった私でしたが、今ではウソのように現状に満足をしています。
燃え尽きて人生に絶望すらしていた人間が、180度違う幸せで希望に満ち溢れた人生を、なぜ送れるようになったのかお伝えしています。
気になる方は、下記のボタンからお進みください。

スポンサード リンク




アルバイト
ケンをフォローする
オトコノワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました