派遣社員時給アップの理由と相場。交渉決裂で上がらないから辞める!

派遣社員時給アップの理由と相場。交渉決裂で上がらないから辞める! 長期派遣

派遣社員のデメリットのなかに、どれだけ働いても昇給の見込みがないというものがあります。

給料というのは会社からすればコストともいえます。

コストをできるだけ抑えたいがために派遣社員を雇っているわけですから、給料が上がらないのは仕方がないと言えば仕方がありません。

しかし、やはり働く以上は頑張りに見合うお金を得たいものです。

ケン
ケン

派遣社員の時給アップというのは実質可能なのでしょうか?実際に私がコールセンターで派遣社員で働き時給交渉をした体験談をお伝えします。

派遣社員の時給を上げるには?

どの会社でも正社員は継続年数や働きぶりにより昇給する可能性はあります。

派遣社員にはそれがありません。

給料を上げるには、派遣元会社に連絡し時給交渉をおこなうように働きかけるしかありません。

派遣の時給交渉は仕事での活躍ぶりが無ければ成功させるのは難しいです。

僕はコールセンターで派遣をしていた時期があったのですが、かなり忙しい状況でも誰よりも電話を取るようにして仕事をこなしていました。

ケン
ケン

そして派遣会社を通じ時給を上げてくれるように交渉をしました。

どのくらい成果を上げたかなどアピールしよう

どのくらい成果を上げたかなどアピールしよう
派遣元に時給交渉を依頼した場合、まずあなたがどれだけ仕事を頑張っているのか派遣元の営業から聞かれます。
正社員ですら、普段の仕事でどれだけ頑張りどれだけ会社に対して貢献されたかをチェックされ、昇給させるか否かを決められているのです。

派遣社員も仕事で活躍していなければ時給交渉をすること自体が難しいです。

ですので、あなた自身は仕事に対してこのように頑張っているということをアピールしましょう。

派遣元の営業はあなたが周りからどのような評価を得ているのかも聞きたがります。

ケン
ケン

時給交渉をするための材料が欲しいわけですね。
時給交渉を成功させるかどうかは、交渉の材料となるものがなければいけません。

昇給のアピール時期

昇給のアピール時期
時給交渉をするタイミングというのは、約1年程度は働く必要があるかとは思います。

ケン
ケン

むろん、自分が派遣先の職場で頑張っているという自信や、周りからの評価があるのであれば1年未満で交渉をしようと考えてもいいとは思います。

派遣社員の時給はアップしづらい

派遣社員の時給はアップしづらい
ただし活躍していたからといって、必ずしも時給が上がるわけではありません。

派遣先で頑張っていた私は、上司からも

 

上の人間に待遇をよくするよう働きかけてみるよ

 

と言われました。

さらにその上の上司いわく

ケン君(私)の待遇を良くしよう

と言っていたとのことです。

 

ケン
ケン

そういった事を言われたのもあって、「時給交渉で上がるかな?」と期待していた私でしたが結局時給は上がりませんでした

待遇を良くする、という言葉はなんだったのか?疑問が残りました。

時給交渉がうまくいくかどうかは、上司や周りの評価はあまりアテにならないということです。

かといって、これは私個人の体験談です。

ケン
ケン

仕事で頑張りしっかりと結果を出せているのであれば、時給交渉はしないよりはした方がいいです。

ケン
ケン

成功するかどうかはやってみないと分からないのが正直なところです。
身も蓋もない話にはなってしまいますが、交渉して時給が上がればそれでいいじゃないですか?
失敗しても交渉したことによる人間関係の悪化というのはまずないでしょうしね。

一般的な派遣の昇給できるタイミングと上昇額

一般的な派遣の昇給できるタイミングと上昇額

派遣の昇給できるチャンスは1年に1回のみ

ちなみに、基本的に時給が上がるチャンスは1年に1回のみとなっています。

派遣会社は1年以上働いているスタッフに対しては、派遣先に時給交渉をおこないます。

1年以上働いている派遣社員というのは、派遣会社にとって売上を1年間出してくれている大切なな存在ですで、交渉をおこなってくれます。

ただし、そう何度も交渉をおこなってくれるわけではないことの方がほとんどです。

私の友人は1年半くらい時給交渉をし続けて30円ほど上がったと言っていました。

時間がかなり掛かっている上に、たったの30円というのが微妙ですね・・・。

派遣で時給交渉できる上限額は100円まで

また時給交渉で上げられる金額は基本的に100円までとなっています。

100円上がったというと月収が約1万円程上昇します。

約1万円、今まで多くもらえることは確かに嬉しいですが、逆に言えば最大で1万円しか上げられません。

年収を200万円から300万、400万と上げるようなことはかなり難しくなるわけです。

派遣社員の宿命なので嫌なら転職しよう

派遣社員の宿命なので嫌なら転職しよう

ケン
ケン

私の体験談で書いたように、どれだけ頑張っても、どれだけ評価が良くても「派遣だから」という理由で時給交渉が成功するとはいえないのです。

同一労働同一賃金で格差をなくそう、みたいな話もありますが派遣社員である限り給料が上がる可能性は限りなく低いと考えた方がいいでしょう。

ケン
ケン

派遣という働き方が悪いと言いたいわけではありません。

今の給料が自分の働きぶりに見合っていない、と思っているのであれば派遣以外の道も考えてみたらどうか?と言いたいのです。

ケン
ケン

派遣社員を肯定する記事も書いていますが良いところしかないとも思ってはいないので、今回のような記事を書きました。

やはり会社というものは、個人の幸せよりも会社の利益を最優先して考えます。

派遣社員を雇っているのはコスト削減のためです。

コストを安く抑えるために雇っている派遣の給料を上げたくないのです。

ケン
ケン

派遣会社によって給料が違ったり、自分の働きぶりを正当に評価してくれていないなどの不満があるでしょう。
しかし派遣でい続ける限りその不満は解決できないのでそのような時は、転職をおすすめします。
最後におすすめの転職サイトを下記に掲載しておきますので宜しければご確認ください。

おすすめの転職エージェントサイト6選

1位 2位 3位 4位 5位 6位

キャリアパーク就職

転職サイトはdoda

doda

リクナビNEXT

5.0
★★★★★
4.7
★★★★☆
4.5
★★★★☆
3.9
★★★★☆
3.7
★★★★☆
3.5
★★★★☆
工場関係・家賃0円の社宅・寮の紹介が有 フリーター・ニートを対象 20代特化 飲食業界に強い 求人件数は全国約10万件 全ジャンル網羅。転職した約8割の人が利用
公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認 公式を確認
長期派遣
工場住み込み求人体験ブログ
タイトルとURLをコピーしました