ダブルワークの面接で注意すべき点や対策まとめ!

どうも!収入を増やすためにダブルワークをしまくっている当ブログ管理人のダンです。

暇なときに働いて月収を増やそうと考えている人、けっこういるんじゃないんでしょうか。

近年「働き方改革」というフレーズもよく聞くようになり、ダブルワークをしている人は実際増えています。

ダブルワークをするためには面接を受けなければいけませんよね。

面接に合格するにはどうすればいいのでしょうか。

今回はダブルワークの面接で合格するための情報をまとめていきたいと思います。

スポンサード リンク


ダブルワークの面接対策!

ダブルワークは条件面をしっかり決めよう

ダブルワークは本業1本だけで仕事をするよりも様々な制約がうまれます。

すべてが自分の希望条件通りにすることは難しい。

なので妥協できる条件と絶対に通せない条件を決めましょう。

例えば時間を優先したとしましょう。

本業の空いた時間を有効利用しよう!と考えた場合、面接時に下記のように答えると好印象を与えることができるでしょう。

『本業は◯時〜◯時の時間帯のみなので空いている時間を有効的に使いたいと思い応募しました。』

このように答えることで、時間帯が違うからかぶることはない=働いてもらいやすいというイメージを付けることが出来ます。

「ダブルワークだから入れる回数が減ってしまうのではないか?」

という懸念点も搔き消すことが出来ます。

ダブルワークの面接時の服装はどうすべきか

ダブルワークに限ったことではありませんが、面接を受ける際にどのような服装で挑めばいいか考えてしまうものです。

正直職種にもよるので、「この服装でOK!」という風には言えません。

一番ベストなのは応募時に服装はどのようにすればいいかを聞くことです。

スーツで来てくださいと言われれば当然スーツで行くべきですし、カジュアルな服装でと言われたらカジュアルな服装で挑みましょう。

とは言いつつも、筆者はカジュアルOKだったので、カジュアルな服装で面接に向かったら落とされましたけどね(汗)

いま振り返ってみれば清潔感がなさすぎたのかなと思います。

「いくらカジュアルOKとはいえ、この清潔感のなさはダメだろ!?」などと面接官に思われたのかもしれません。

ダブルワークの面接で大事なことはなんなのかアンケートで聞いてみた

挨拶や話し方も重要だとは思いますが、面接時の第1印象が服装や髪型に表れると思います。

また、言葉遣いや挨拶は当たり前のことだと思うし、先方に失礼のない態度で面接を受けるべきだと思います。

服装に関しては、自分は大丈夫と思っていても、相手側からみたらこの仕事にはふさわしくないと思われるかもしれないので、企業の雰囲気に合わせた服装を心がけることがいいと思ったからです。

どれも必要であると思いますが、服装はまず面接に向かう上でドレスコードとも言えるものなので、面接を受けるに値するかを服装で評価されると考えます。

ダブルワークということで、本業より軽く思われると困るので中途半端な気持ちで面接に行くことは相手に失礼なのでまずは第一印象を良くするためにも服装には力を入れて行った方がいいと思います。

スポンサード リンク


ダブルワークの履歴書の書き方

履歴書は書く側にとっては正直メンドクサイ書類でしかないですよね。

ですが、自分がどのような人物かを相手に伝える大切な書類なので適当な書き方をするワケにはいきません。

履歴書で注意すべき点

まず誤字脱字がないかどうか!

当然ですね。字をまともに書くことすらできないのか…。

などと思われたら採用から遠のくのは当然です。

また職務経歴もしっかりと書きましょう。

あまりに職務経歴が多い場合は省略してかまいません。

ダブルワーク(掛け持ち)であることを必ず伝えるべきだ!

受かりたいがゆえにダブルワークをしていることを隠そうとする人がいるようですが、それはやめたほうがいいです。

ダブルワークをしていることは、必ず伝えた方がいいとですよ。

そうでなければ、シフトを組むときに相手も自分も困ってしまいますから。

隠すよりもなぜダブルワークをしているのかをしっかりと伝えることのほうが大事です。

それで採用されなかった場合は、しょうがなかったんだなと割り切るしかありません。

「子供の学費のためとか」

「家からも近く一度働いてみたい魅力的な職場だと思いました」

など面接に行っている職場のよいところなどを言うと印象がイイです。

誠実な人間であることをアピールしましょう!

スポンサード リンク


ダブルワークの志望動機はなんと回答をすべきか

面接で一番困るのが志望動機。

ハッキリ言ってお金のためとか、面白そうな仕事とか、それくらいしか思いつきませんよね。

しかしハッキリと「お金のためです!」なんて面接時に答えるのってためらっちゃいますよね。

好印象を与えるような回答をしなければいけないので、ホント難しい。

実際にダブルワークの面接で受かった人はどのような志望動機を言ったのか?

アンケートをとってみたので参考にしていただければと思います。

自分自身の置かれている状況を素直に話すべきだと思います。

シフトを組む上で依頼しておきたいことや、生活環境などを面接の時に伝えておくと仕事をする上で、考慮してもらいやすかったからです。

採用後にいろいろ変更点がでると良くないので、できる範囲の内容をきちんと自分の意思で伝えるといいかと思います。

自分自身も面接の時に素直に伝えたらとてもダブルワークしやすかったです。

なぜ収入を増やしたいのか素直な理由を伝えましょう。

趣味に使いたい人やお小遣いにしたい人もいるとは思います。

私もダブルワークの収入は家計に入れていません。投資に使ってみたり、ランチなど娯楽に使うことがほとんどです。

面接時には長く続けたい、働くための理由があることを伝えた方が印象が良いと思います。

スポンサード リンク


タイトルとURLをコピーしました