ダブルワークの選び方やオススメのバイトや仕事を紹介!

こんにちわ!

当サイト(オトコノワーク)管理人のダンです!

ダブルワーク(副業)をする人が年々増えてきています。

旅行費用のためにWワークしてお金を貯めたい

生活苦なのでダブルワークをしよう

 

借金や奨学金の返済をするために副業をしよう!

給与がなかなか上がらないうえに消費税増税がされ、今の給与だけではやりたいことができかったり、生活に困るのでダブルワークをする人がほとんどのようです。

ダブルワークをはじめる際、どのようなバイトや仕事を選択すればいいのでしょうか。

スポンサード リンク


ダブルワーク・掛け持ちの選び方

シフト自由なダブルワーク(副業)を選ぶ

ダブルワークをするにあたって、自分の都合にあわせられる副業って魅力的ですよね。

都合に合わせて働く方法については以下の一覧をごらんください。

シフト自由なダブルワークで今もっとも注目を浴びているのがUber Eats!

【Uber Eatsとは?】

Uber Eats

関東圏を中心にUberEats(ウーバーイーツ)という副業が流行っています。

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム

自転車やバイクなどで飲食店の料理を配達し報酬を得ることができます。

いつ配達をするのか?というのは自分自身で決めることができます。

つまりシフトは自分次第の自由度が高い副業なのです。

Uber Eatsについては別記事にてメリットやデメリットについても紹介しています。→【利用者急増中!Uber Eatsのメリットやデメリットを解説

オススメの副業なのでぜひ登録をしてみてください。

【自分の都合にあわせて働いてみる】→→Uber Eats

スポンサード リンク


時給が高いダブルワーク(副業)を選ぶ

ダブルワークをする人の多くは「本業の給与だけではお金が足りないから」という理由で働きます。

本業の給料だけで十分なのであれば、ダブルワークや副業なんてしなくていいですよね。

さて、副業を始める場合にまず抑えておきたいのが時給です。

働くうえで給与がいくら貰えるのか?というのは、非常に大切なポイント。

「時給が高い仕事はそれだけ忙しかったり、難しいスキルを求められたりするのでは?」

などという疑問をいだくかもしれません。

しかし時給と仕事の大変さというのは必ずしも結びつきません。

そもそも難しいかカンタンか、というのはその人がどういうスキルを持っているのかによって変わってきます。

どういうことか。

たとえば普段から体を鍛えており、かつガタイも良い男性であれば力仕事は大変ではないでしょう。

逆に体力にも筋肉にも自信が無い人は力仕事をむずかしいと感じるかもしれません(※なかには誰もがやって楽で、かつ時給が高い仕事やバイトもあります)

結局のところ、楽か大変かは自分自身で経験をしてみないとわかりません。

結論としては時給が高い仕事やバイトであったとしても、自分にピッタリ当てはまり、案外働きやすかった、ということもあるということです。

だからスタートする前から不安を感じる必要など不要なのです。

気軽に時給が高い仕事をはじめてみましょう。

スポンサード リンク


ダブルワークにオススメの仕事:大学生編

ダブルワークをしたいけれど、どんな仕事とどんな仕事ならできるのかよくわからないという大学生は多いはずです。

相性の悪い仕事でダブルワークをしてしまうと、体を休める時間がなくなってしまいます。

ダブルワークをするためには、2つの仕事時間をきちんと分けなければなりません。

そこでこの記事では、大学生がダブルワークをするのにおすすめの仕事を5つ紹介します。

この記事を読めば、大学生でも効率的にダブルワークができるようになります。

それでは、大学生がダブルワークをするのにおすすめの記事を紹介していきましょう。

1.ファーストフード

大学生がダブルワークをするのにおすすめなのがファーストフード店です。

なぜファーストフード店がおすすめかというと、仕事の時間がきちんと決まっているからです。

シフトの時間も原則として自分で選ぶことができるので、自分が働く時間を決められるというメリットもあります。

早朝からあいているファーストフード店であれば、早朝だけ働くということも可能です。

朝だけファーストフード店で働いて、夜は別の仕事をすることもできます。

ファーストフード店では業務もマニュアル化されているので、仕事を覚えてしまいさえすれば、仕事もテキパキこなしていくことができます。

スポンサード リンク


2.コンビニ

コンビニは24時間営業しているので、自分の好きな時間に働きやすい職場です。

朝から働くことも、夕方から働くことも、夜勤にすることもできます。時間の融通がききやすいことから、ダブルワークにも向いています。

また、基本的にコンビニは毎日あいているという点もダブルワークに向いている仕事と言える根拠です。

もう一方の仕事が休みの日にコンビニの仕事を入れれば、効率的に仕事を掛け持つことができます。

3.居酒屋

居酒屋で働くこともダブルワークをしたいと考えている大学生にはおすすめです。居酒屋は夜に開店していることが多いので、必然的に仕事は夜となります。

そのため、夜だけ居酒屋で働いて、昼間は別の仕事をするという働き方も可能です。

しかも、深夜22時以降は時給が高くなるので、短時間でたくさん稼ぎたいという人にも向いています。

夜から早朝までしっかり働いてお金を稼ぎ、午前中に睡眠をとって、午後は別の仕事に向かうこともできます。

基本的に居酒屋の仕事はシフト制となっていることが多いので、自分のシフトを調整しやすい点もダブルワークをすることにとってはメリットであると言えるでしょう。

自分の都合の良い日だけ働いて、別の日には他の仕事をすることで十分ダブルワークを成立させることが可能です。

そのため、短時間でしっかり稼いで、他の仕事も充実させたいという大学生には特におすすめです。

4.アパレルショップ

アパレルショップは10時頃から開店し19時には閉店することが多い仕事です。

そのため、夜の時間を有効に活用することが可能です。

居酒屋のように夜の仕事とダブルワークすることもできます。

また、アパレルショップは服装が比較的自由なので、わざわざ制服やユニフォームに着替える必要がありません。

そのため、別の仕事に向かう場合でもわざわざ着替えなどを用意せずに済み、直接アパレルショップから別の仕事に向かうこともできます。

短時間だけでもOKというアパレルショップは多いので、短時間だけ働いて別の仕事をすることもできるでしょう。

午前だけ働いて、午後は別の仕事に向かうこともシフトを調整することで可能となります。

短時間だけ働いて、別の仕事でしっかり稼ぎたいという大学生に特におすすめの仕事です。

5.家庭教師

大学生がダブルワークをするなら家庭教師もおすすめです。

家庭教師なら短時間でもしっかり稼ぐことができます。

家庭教師をする場合には、いつの時間に仕事をするかを相手の家庭と話し合って決めることが可能です。

そのため、自分の都合のつく時間に働く時間を調整することが可能です。

もちろん、家庭教師の多くは学校のない時間に学生に授業をすることなるので、夕方〰夜の時間に働くことが多くなります。

その分、午前中と午後の時間に別の仕事をすることができるので、ダブルワークにはぴったりです。

授業の際には、学生の隣に座っていることもできるので、体力的な疲労も軽減することができる点も、ダブルワークに向いている仕事と言えるでしょう。

スポンサード リンク


ダブルワークにオススメの仕事:社会人編

次に社会人のダブルワークにおすすめの仕事を紹介していきましょう。

1.清掃

清掃の仕事は毎日あるので、ダブルワークとして働けばかなりの額の収入を得ることができます。

清掃の仕事は早朝にあることが多いので、ダブルワークで働きやすい仕事です。

もちろん、他の時間帯に働くことができる場合もあります。

シフトを組むことで働く時間が決まるようになるので、自分の都合の良い時間にシフトを組むことも可能です。

清掃の作業は重労働ではないことがほとんどなので、体力的にも厳しい仕事ではありません。

ダブルワークをしているときでも、他の仕事に影響しない点も清掃がダブルワークにおすすめの仕事であることの理由の一つです。

2. 軽作業

軽作業員は工場などで働くスタッフのことを言います。一口に軽作業員と言っても、様々な仕事があります。

たとえば、商品の袋詰をする仕事やお弁当の箱詰めなどがあります。

軽作業であるため、重労働ではありませんが、長時間働くことになる仕事です。

その分、まとまった額の収入を手にすることができます。

基本的に仕事はシフト制となるので、自分の好きな時間に働くことができるのも魅力です。

早朝に作業を行うシフトや深夜に作業を行うこともできるので、他の仕事との兼ね合いを考えながら仕事をすることができます。

スポンサード リンク


3. 駐禁

駐車監視員の資格の取得が必要となりますが、駐車違反を取り締まる業務を委託された企業で駐車監視員として採用されると駐車監視員になることができます。

駐車監視員の資格が必要となるものの、その難易度は高くないので比較的簡単に取得することが可能です。

駐車監視員として働いている人の多くは高齢者ですが、もちろん若い人も働くことができます。

基本的に2人1組となって働くことになります。

駐車監視員の仕事は法律を扱う仕事となるので、きちんとルールを守ることが必要です。

そのぶん、報酬は高い傾向にあり、都市部では駐車監視員の人材が不足しているので、比較的簡単に駐車監視員となることが可能です。

採用ハードルは高くありません。

4. ビラ配り

ビラ配りも空いた時間にできる仕事の一つです。

配る数が多くなるほど報酬が高くなる傾向にあります。

インセンティブとして、「何枚以上配ることができると〰円」というようになっていることもあるので、頑張って配れば配るほど報酬が高くなることが特徴です。

毎日仕事があるわけではないので、自分の好きな時間にシフトを組んで仕事をすることも可能なので、ダブルワークでも問題なくこなすことができます。

体力的にも厳しい仕事ではありませんが、精神的に大変な仕事であることを理解しておくことが大切です。

簡単な仕事なので、誰でも働きやすいのがビラ配り最大の魅力と言えるでしょう。

5. パチンコ店員

社会人のダブルワークで稼ぎたい人にはパチンコ店員もおすすめできる仕事です。

パチンコ店の時給は他の仕事よりも高い傾向にあるので、短時間で効率的に稼ぐことができます。

午前だけなど自分の都合でシフトを決めることができる点でもおすすめです。

さらに、パチンコ店は利便性の高いところに出店してることが多いので、他の仕事にいくときにも不便となりません。

ダブルワークとして他の仕事とも両立がしやすい仕事です。

パチンコ店には基本的に休みはないので、毎日働くこともできます。

毎日働くことができるなら、かなりの額の報酬を得ることができます。

しっかり働いて高い報酬を得たいという人に特におすすめの仕事です。

6. 荷揚げ

荷揚げ屋は、重量物の搬入出・移動を担当する仕事です。

重量物の搬入出・移動を行うことになるので比較的重労働となります。

しかし、その分報酬は高く、短時間で大きな報酬を手に入れることが可能です。

早朝に働くなど、時間が決まっていることも多いので、自分の都合の良い時間で働くことができます。

ダブルワークとして働くなら、週に1回荷揚げ屋の仕事をして、別日は他の仕事として働くのがおすすめです。

短時間で効率的に報酬を得られることが荷揚げ屋として働く最大のメリットと言えるでしょう。

まとめ

ダブルワークとして働く場合、自分の生活スタイルと合っているかどうかを確認することが大切です。

無理をして身体を壊してしまっては元も子もありません。

そのため、まずは無理なく働ける仕事をダブルワークにするのがおすすめです。短時間でしっかり稼げる仕事や負担が大きくない仕事を選ぶようにしましょう。

ダブルワークとして働くからには、自分できちんと時間を管理することが大切です。

無理なく働ける環境をつくりながら、ダブルワークを行うことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました